須賀川教会の歴史


1.草創期の須賀川教会 

須賀川の地への伝道が開始は、明治の初期(明治二十年頃)日本基督一致教会(後の日本基督教会福島講義所の出張伝道から始まっている。現在の須賀川教会の前身は、1892年(明治二十五年)頃から、日本福音教会の宇都宮教区からの井上運平の出張伝道に遡る。 日本基督教団年鑑に「教会創立は、1896年12月9日」と記載されているが、これは従来の出張伝道から、借家により伝道所を開設し伝道開始日を記載していると思われる。(この年、日本福音教会宇都宮教区から独立して須賀川教区が誕生している。)日本福音教会の場合、牧師は派遣制であり、1年程度で交代がなされている。1892年(明治二十五年)から1942年(昭和十七年)日本基督教団須賀川教会が誕生するまでの間に派遣され、関係のあった牧師は、次の通りである。(この間に重複派遣されている)。
井上運平 河合篤叙 石出精一 山本増吉 太田勇
三瓶正縄 二藤愛之 太田留助 日野原幸二郎 産形與一
中澤一治 上代知新 林  近 鳥山金一 海老原章憲法
本川二郎 上井乙熊 田中 実 白根喜四郎 坂本富弥
徳永祐一 木山勇司 村上 束 邉見正哉 深谷淳太郎
野津源市 本川直躬



 2.日本基督教団 須賀川教会 

1939年(昭和十四年)宗教団体法が成立し、日本キリスト教界は、1940年(昭和十五年)に教会合同を宣言し、翌1941年(昭和十六年)6月、日本基督教団の設立総会が東京富士見町教会で開催し、「日本基督教団」が誕生した。須賀川教会も、日本福音教会須賀川教会と日本基督教会が合同して、「日本基督教団須賀川教会」として新しい出発をした。



歴  代 牧 師 名 担 任 期 間
初代牧師 本川直躬 (1942年〜1943年)
第2代 渡理 淑 (1943年〜1946年)
第3代 本川直躬 (1946年〜1987年)
第4代 柳沼政一 (1988年〜1989年)
第5代 竹花和成 (1989年〜1999年)
第6代 今野善郎 (2000年〜2012年)
第7代 新井 秀 (2012年〜2015年)
第8代 太田春夫 (2015年〜     )
 
3.日本基督教団 須賀川教会礼拝堂

旧栄町教会堂 礼拝堂内部

旧栄町教会堂)(1940年7月7日献堂式)(礼拝堂内部)

現在の並木町教会堂 礼拝堂内部

現在の並木町教会堂  (1996年3月24日献堂式) 礼拝堂内部 

礼拝堂前面のステンドグラス
作者 山本幸子
鉛の縁取りをしないモザイクステンドグラスで、
おそらく日本の教会では初めてのこころみ。

絵柄の意味合い
上方全体は、天上を表し、上方の薄く白い逆三角形は
三位一体を象徴している。上辺が父なる神、下二辺が
子なるキリスト、霊なる神を表している。下方の緑の山形は、
山上の教えが説かれた小高い丘を表し向かって右下の水色は
ガリラヤ湖を表している。上から下へと縦に白い線は、八つの
さいわいを象徴的に表している。本ステンドグラスは、
株式会社桜井淳計画工房より寄贈されたものです。

(竹花和成牧師 記)


信濃町教会から無償譲渡されパイプオルガン
礼拝堂入口2階に設置。

2003年4月移設(勝浦オルガンビルダーにより)完了した。

信濃町教会から無償譲渡された備品
由緒ある聖餐卓。詳細はここをクリックして下さい。
花置き台(2基) 長椅子(6脚)


牧師東西南北

ホームページ

inserted by FC2 system