説教ワンポイント(2002年8月11日 説教より)

聖書
「 マタイによる福音書 第19章16節〜30節」 

 金持ちの青年の貧しさ 

 20節「そこで、この青年は言った「そういうことはみな守ってきました。まだ何か欠けているでしょうか。」
 神の国と私たちを隔てるものは、富める者の貧しさである。この青年は、十戒の後半である人と人とが守るべき掟を皆守ってきたと自負する。自分は自分の力で神の国に入れる資格を身につけてきたとの自信が神の国から最も遠いことに気づかない。自分は神の前に何かしらのものとして立てると思っている。これが富の貧しさである。
 神の国は、力をもち強い完全なものが行くどころではなく、あまりに弱く貧しく神に頼るしかないものが、入る国である。私たちが貧しいのは、自分がこれだけやって来たという富を持ちすぎているからである。

新約聖書

19:16 さて、一人の男がイエスに近寄って来て言った。「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」
19:17 イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、わたしに尋ねるのか。善い方はおひとりである。もし命を得たいのなら、掟を守りなさい。」
19:18 男が「どの掟ですか」と尋ねると、イエスは言われた。「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、
19:19 父母を敬え、また、隣人を自分のように愛しなさい。』」
19:20 そこで、この青年は言った。「そういうことはみな守ってきました。まだ何か欠けているでしょうか。」
19:21 イエスは言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」
19:22 青年はこの言葉を聞き、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。
19:23 イエスは弟子たちに言われた。「はっきり言っておく。金持ちが天の国に入るのは難しい。
19:24 重ねて言うが、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」
19:25 弟子たちはこれを聞いて非常に驚き、「それでは、だれが救われるのだろうか」と言った。
19:26 イエスは彼らを見つめて、「それは人間にできることではないが、神は何でもできる」と言われた。
19:27 すると、ペトロがイエスに言った。「このとおり、わたしたちは何もかも捨ててあなたに従って参りました。では、わたしたちは何をいただけるのでしょうか。」
19:28 イエスは一同に言われた。「はっきり言っておく。新しい世界になり、人の子が栄光の座に座るとき、あなたがたも、わたしに従って来たのだから、十二の座に座ってイスラエルの十二部族を治めることになる。
19:29 わたしの名のために、家、兄弟、姉妹、父、母、子供、畑を捨てた者は皆、その百倍もの報いを受け、永遠の命を受け継ぐ。
19:30 しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる。」

説教のページへ戻る

inserted by FC2 system