説教ワンポイント(2002年10月13日 説教より)

聖書
「 マタイによる福音書 第22章15節〜22節」 

 皇帝への税金 

 「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい」。「皇帝のものは皇帝に」国家に果たすべき義務は誠実に果たしなさいと言うのです。それに加えて「神のものは神に返しなさい」と主は語ります。皇帝のものを皇帝に返す、それで終わりではないのです。最も大事なのは、神のものを神の返すことなのです。



新約聖書

22:15 それから、ファリサイ派の人々は出て行って、どのようにしてイエスの言葉じりをとらえて、罠にかけようかと相談した。
22:16 そして、その弟子たちをヘロデ派の人々と一緒にイエスのところに遣わして尋ねさせた。「先生、わたしたちは、あなたが真実な方で、真理に基づいて神の道を教え、だれをもはばからない方であることを知っています。人々を分け隔てなさらないからです。
22:17 ところで、どうお思いでしょうか、お教えください。皇帝に税金を納めるのは、律法に適っているでしょうか、適っていないでしょうか。」
22:18 イエスは彼らの悪意に気づいて言われた。「偽善者たち、なぜ、わたしを試そうとするのか。
22:19 税金に納めるお金を見せなさい。」彼らがデナリオン銀貨を持って来ると、
22:20 イエスは、「これは、だれの肖像と銘か」と言われた。
22:21 彼らは、「皇帝のものです」と言った。すると、イエスは言われた。「では、皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」
22:22 彼らはこれを聞いて驚き、イエスをその場に残して立ち去った。

説教のページへ戻る

inserted by FC2 system