説教ワンポイント(2003年7月13日 子ども礼拝説教より)


 十戒「第3戒 主の名をみだりに唱えてはならない 」


 日本でも「名は体を表す」と言います。名前は本質そのものなのです。
「みだりに」の原意は、瀬戸物の割れる音。いやな音です。つまり、
 自分の都合だけで神様の名を利用するなという意味。苦しいときの
 神頼みではなく、苦しい時も嬉しい時も神に感謝で。


  旧約聖書「出エジプト記 第20章7節」 

20:7 あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。みだりにその名を
   唱える者を主は罰せずにはおかれない。


説教のページへ戻る

inserted by FC2 system