聖書学び祈る会から(2003年12月7日 )

この「時」とは、私たちが使う一日の流れの何時何分の「時〕の意味ではなく、「神が定める特別な時」「神が私たちの歴史に介入する時」のこと。

出エジプトの時、キリストの降誕の時など特別な出来事や啓示が起こった時のこと。神様は時間をも支配し、私たちの時間にも介入して来られる。

私たちも人生の節目となった「時」がある。誕生と死、出会いと別れ、合格と不合格、痛い経験と喜びの時。それらはすべて神が定められた時。

 深い御旨が必ず秘められている。

 
      旧約聖書「コレヘトの言葉 第3章1節」 

3:1 何事にも時があり、天の下の出来事にはすべて定められた時が
  ある。


説教のページへ戻る

inserted by FC2 system