牧師東西南北( 2002年2月3日 週報より)

恥ずかしい話だが、昨年11月に国道4号線翠香園前で法定速度60キロのところを37キロオーバーして監視カメラに写されてしまった。監視カメラの存在を知らず、見通しの良い2車線であったのでついついアクセルを踏み込んでしまったのだ。当時、閃光が農に入り眩しかったのは覚えているが、まさか写真を撮られたとは思ってもいなかった。警蔡で見せられた写真にははっきりと顔が映っていた。

 30日問の免許停止を受け、交通安全センターで丸1日講習と実技を受けて29日間の短縮となった。実技では教官から「運転はとても丁寧で上手です。なぜ、あなたがここに来ているか不思議なくらいです」と褒められたのだが。

 それから裁判所に呼び出され、検察執行官には「園長先生、ご自分が違反されて、園児の交運安全はどのように指導されるのですか」と厳しい皮内も言われてしまった。ちなみに罰金は6万円。神様からの痛いお灸であった。今回は罰金だけで終わったが、最後の審判の時にはそうはいかないので自戒しなければ。

 おもしろかつたのは、同じ頃にある郡山地区の牧師も35キロオーバーで鼠取りに捕まっていたこである。牧師はスピード狂なのか、それともよほどストレスがたまっているのか。



 


もどる

inserted by FC2 system