牧師東西南北( 2003年1月19日 週報より)

 

インド独立の父で非暴カを提唱したマハトマ・ガンジー。

1947年に凶弾に倒れ78年の生涯を終えるが、彼の墓の碑文に次の言葉が刻まれた。

「7つの社会的罪」。

1.理念なき政治。

2.労働なき富。

3.良心なき快楽。

4.人格なき学識。

5.道徳なき商業。

6.人問性なき科学。

7.献身なき信仰。

いずれもが現在の日本の実態に当てはまる。特に7番目、自己中心的・自己拡大的な信仰を社会の罪と数える指摘は鋭い。

 




もどる

inserted by FC2 system