牧師東西南北( 2004年2月29日 週報より)


 時代の悲哀をうたいつつ、でも違しさを感じるサラリーマン川柳。
 今年の傑作を新聞からの転載。

 (1)「前向きで」駐車場にも励まされ
 (2)メール打つ、早さで仕事がなぜできない
 (3)妻の声、昔ときめき今勤悸
 (4)なんでだろう、昔同期で今上司
 (5)恋敵(こいがたき)、譲れば良かった今の妻
 (6)年ごとにテレビも髪も薄型に

 コメント

 (1)「前向きで」礼拝堂の椅子にも励まされも良い。
 (2)いつも子どもたちに言っていた言葉でした。
    メール打つ、真剣さで勉強しろ
 (3)牧飾の声、昔主の声、今子守歌とならないように
 (4)なんでだろう、昔も今も同じ礼拝メンバー
 (5)きっと逆ギレの川柳も多いことだろう
   恋敵、譲れば良かった今の夫
 (6)年ごとに説教も髪も薄型にとならないように頑張ります。

  ジョークですから笑い飛ばして下さい。 

もどる
inserted by FC2 system