牧師東西南北( 2004年8月15日 週報より)


 

    空の鳥、野の花を見よ

 神さま、一生懸命生きることが、なにより大切な事を考えて毎日過ごして来ました。

 しかし、努力すればするほど、自分の限界が見え、努力は失望に終わるばかりで暗く落ち込んだ気持ちが私を圧倒しています。

 自分はだめな人間なのだと落ち込んでしまいます。

 そんな時、あなたはイエス様の口をとおして「空の鳥、野の花を見なさい」と語りかけてくださいます。労せず、思い悩まず、あなたの光を受けて生きるものの姿を見せてくださいます。

 私の生命は小さいまま、私は破れたまま、神さま、あなたに知られ、あなたが養ってくださるのでした。

  このことを知って、私の肩からは必要ない力が抜け、あなたの前に素直に立つことができます。

  あなたは私に必要なものをご存知です。私が生きてゆく力をあなたが与えて下さっていることを知って私は心やすらかに一歩前に踏み出すことができます。

  神様ありがとうございます。

     教団出版局篇「きょうを生きる祈り」より


もどる
inserted by FC2 system