牧師東西南北( 2004年9月26日 週報より)


 「こどもさんびか」の祈り

おそうしきのおのり

 「主イエスさま、あなたの友だちのラザロが死んだ時、あなたは泣きました。

 だからわたしたちの気持ちをわかってくださいます。わたしたちをなぐさめてください。

 大好きな人がいなくなって、わたしたちはさびしいのです。あの人は、今は、あなたのそばで苦しみも悲しみもなく、幸せでいっぱいです。

 だからいつか、わたしたちもあなたのそばに行かせてください。」

ペットの死

 「かみさま、いつもみんなをまもってくださってありがとうございます。

  (   )も、うまれてから死ぬまで、ずっとかみさまにやさしくしていただきました。

 たくさんあそんだ、(   )とわかれることになってかなしいです。

 でも、(   )はやさしいかみさまのところへいきました。かみきまは、一番よいようにしてくださいますから、お願いします。

 てんごくでも(   )をかわいがってください。

 かみさま、(   )がいてくれて、ほんとうにうれしかったです。わたしたちはこれからもどうぶつをだいじにします。」

たんじょうび

「このせかいをつくられたかみさま、わたしたちにいのちをくださっためぐみをかんしゃします。(   )さんは、わたしたちにとって、とってもたいせつな友だちです。

(   )さんのたんじょうびをしゅくふくしてください。(   )さんが神さまと人びとにあいされ、大きくなりますように。これからなにがあっても、かみさまがまもってくださいますように。」


もどる
inserted by FC2 system