牧師東西南北( 2006年7月23日 週報より)


 21日(金)東北教区の新任教師オリエンテーションが行われ、教会附属施設について話す機会があった。その際に我が教区の実態を数字で見ることができた

 東北激区と類似する規模の奥羽教区・中部教区と比較しながら特徴を列挙する。教団のナンバーワンである。
 無牧・兼牧・代務教会比率 
  東北 18/89 20%
  奥羽 8/60 13%
  中部 7/107 6.7%

 礼拝出席一桁台の教会比率
  東北 31/89 33%
  奥羽  9/60 15%
  中部 6/107 6.7%

 教会付属施設保有数比率
  東北 42/89 47%
  奥羽 18/60 30%
  中部 35/107 34%

 この数字を見ながら不思議に私の心は熱くなった。申命記6章に神が地上の多くの民からあえてイスラエルを選び、ご自分の民とされた理由が語られている。「あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。ただ、あなたに対する主の愛ゆえに」選ばれたと。

 この世の常識で測るなら貧弱な東北教区は、貧弱ゆえに神の前ではかけがえのない宝の教区とされているのだ。

 ナンバーワンでなく、オンリーワンの教区・教会となるために神様は私たちに貧弱を恵みとしてお与え下さっていることを信じ感謝である。


もどる
inserted by FC2 system