「讃美歌21」 113番
 「いかに幸いな人」

 いかに幸いな人

 
 1 いかに幸いな人。
     みことば 常にしたい,
     逆らう声を しりぞけ,
     罪びとの 道に行かず,
     おごるものとは 組まず,
     教えを よろこぶ人。

   2 その人は 水辺の木。
     み神に うるおされて,
     その葉は しおれず 繁り,
     その枝は よき実むすび,
     春ごとに 花が咲き,
     日に日に 高さを増す。

   3 神に さからう人は,
     ふるわれる もみ殻が
     風に 飛ばされるように,
     裁きには 堪えられない。
     神は 従う人の
     行く道 見ておられる。

  
      詩1 




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system