「讃美歌21」 120番 「主はわがかいぬし」


     主はわがかいぬし


1 主はわがかいぬし われはひつじ、    4 死の陰の谷を 行くときにも、
  みめぐみによりて すべて足れり。       災い恐れじ、 主ともにます。


2 青草の原に われを伏させ、、       5 恵みにあふるる うたげひらき、
  憩いの水辺に 伴いたもう。          油そそぎたもう、 わが頭に。
 

3 主はわが魂 生きかえらせ、、       6 命ある限り さちはつきず、、
  正しき道へと みちびきたもう。         主の家にわれは 永久に住まわん。


     詩23 ヨハ10:11 ルカ7:46 エゼ34:11〜16



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system