「讃美歌21」 124番
 「主よ,わが魂は」

 主よ,わが魂は

 
 1 主よ,わが魂は あなたを望む。
     主に頼むものは 恥を受けない。
     あざむく者の おごりをくだいて
     正しい道を 行かせてください。

   2 主よ,あなたこそは 変わらぬ望み。
     若い日の罪を 思い起こさず
     永久に変わらぬ あわれみのゆえに
     主よ,みこころに とどめてください。

   3 主は恵み深く,正しく いまし,
     罪人に道を 示し みちびく。
     主よ,み名のため 罪深い われを
     憐れみにより ゆるしてくださ。

   4 主を畏れる者 恵みを受けて
     選ぶべき道を 主に示される。
     その子も孫も 恵みを受け継ぎ,
     主の契約の 奥義をよろこぶ。

   5 罠に足とられ もがく わが身を
     解き放つ神に わが目を注ぐ。
     孤独に悩む こころをいやして,
     罪をとりさり 助けてください。

   6 なお敵は増して 不正が囲む。
     イスラエルは待つ,神のあがない。
     かたい望みと まっすぐなこころで
     従う者を お守りください。

  
     詩25 




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system