「讃美歌21」 125番
 「いかに幸いなことだろう」

 讃美歌歌詞

(答唱) いかに幸いなことだろう、
     背きの罪を赦された人。

1 赦された人は幸いだ、
  罪を覆われた人は誰も。

2 夜も日も罪にさいなまれて、
  私は重荷に耐えられない。

3 私は罪を主に示して、
  主は私の罪を赦された。

4 いつくしみの主に守られて
  救いの喜びに包まれる。

5 喜べ、神にしたがう人。
  歌えよ、心の正しい人。




 詩32 ロマ4:7-8 ルカ15:11-24 Tヨハ1:9

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system