「讃美歌21」 131番 「谷川の水を求めて」

 詩編応唱の中で日本語で美しく朗誦し た代表作。作曲者 高田三郎(1913〜)は現代日本の讃美歌作曲家でカトリック信者。現在、国立音楽大学名誉教授。

詩編42「涸れた谷に鹿が水を求める ように神よわたしの魂はあなたを求め る」をモチーフにしている。鹿の鳴き声が聴こえるやうなイメージ で歌いたい。

      讃美歌歌詞

              (答唱)
               谷川の 水を求めて
               あえぎさまよう 鹿のように
               神よ、私はあなたをしたう。

1 わたしのこころは あなたをもとめ    3 わたしのこころは なぜうちしずみ
  神のいのちを あこがれる           思いみだして なげくのか
  わたしが行って み前にいたり         救いの神に希望をいだき
  み顔をあおげる 日はいつか          かつてのようにみ前にすすみ
  わたしは日夜 神を問われて          讃美の祭りを ささげよう
  明け暮れ涙を 食物とする            わたしの救い わたしの神に

2 思い起こせばこころはたかなる
  喜び祝う人々のむれ
  感謝と讃美の歌声の中を          詩42 ネヘ1:4−11 マタ5:6
  わたしはみ前にすすみでた


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system