「讃美歌21」 159番
 「主が建てなければ」

 主が建てなければ

 
 1 主が建てなければ,
     家 建てる者の
     労苦は むなしい。
     主が守られねば,
     都市 守る者の
     労苦は むなしい。

   2 み恵みの 神は
     眠りを くださる。
     朝早く 起きて
     夜は 遅くまで
     あくせく 働く
     労苦は むなしい。

   3 子らは 主の嗣業,
     胎の実は むくい。
     若き日の 子らは
     勇士の 矢のように
     いかなる ときにも
     頼もしい 支え。

  
    詩127, マタ6:31-34 




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system