「讃美歌21」 160番 「深き悩みより」


深き悩みより


1 深き悩みより われはみ名を呼ぶ。        3 おのれの業には 少しも頼らず、
  主よ、この叫びを 聞き取りたまえや。        おのれの力に 救いを求めず、
  されど、わが罪は きよきみこころに         疑うことなく 神のみ言葉に
  いかで耐えうべき。                    望みをおくのみ。

2 世にある人々 力の限りに、            4 朝を待ち望む 見張りにもまして
  主の道を求め いそしみ励めど             われらはひたすらに 神を待ち望む。
  神の恵みに ふさわしき者は              疑いの闇は いかに深くとも
  ただ一人もなし。                     み力 現れん。

           5 われらの罪をも すべてつつみたもう
             主のいつくしみは 豊かにあふれて、
             み民のそむきを あがなう牧者の
             恵みはつきせじ。


        詩130 出3:7〜10 ヨナ2:3 ロマ3:22〜24



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system