「讃美歌21」 170番
 「わが魂よ,主をたたえよ」

 わが魂よ,主をたたえよ

 
 1 わが魂よ,主をたたえよ,
     いのちの限り われは歌う。
     あらゆるものは みな主のもの。
     生ける限りは 神をたたえん。

   2 ヤコブの神に ただひたすら
     頼れるものは 幸いなり。
     いかに よきかな,その望みを
     われらの神に つなぐものは。

   3 天と地と海 生けるものを
     すべて作りし 主なる神の
     恵みの みわざ 照り輝く。
     力に満てる 神をたたえん。

   4 正義,真実,主はつらぬき
     しいたげられし 民をまもり
     飢え渇く者 顧みたもう。
     その みことばの 語るごとく。

   5 世の暗き道 さまようもの,
     望みなき身を 嘆くものよ,
     光の主こそ なぐさめ ぬし。
     主は友となり 励ましたもう。

   6 ああ,主のほまれ いかに たたえん。
     主は とこしえに われらの王。
     わが魂よ,主をたたえよ,
     いのちの限り 主にハレルヤ。

  
  詩146, イザ9:2 ルカ1:47, 52-53 




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system