「讃美歌21」 171番 「かみさまのあいは」

 詩編148番をうたったものです。 はじめは、日本のカトリック教会の「典礼聖歌」に収録されていたものです。 作詞・作曲の佐々間彪(たけし)は神父で、絵本作家で、大学教授でもあるという多才な方です。「こどものころ、縁側に干した布団の上で猫と一緒にひなたぼっこをしていると、太陽の光と暖かさが身にしみるようで、うとうとしてしまいました。 この歌は、このような幼児体験をもとにつくりました。」と書いています。

   讃美歌歌詞

     (答唱)
     かみさまのあいは しみとおる、
     わたしたちのこころに ひのひかりのように。

1 やまも おかも いつしよに     3 こどもも おとなも いつしょに
   さんびのうたを うたおう。        さんびのうたを うたおう。
  うみも おがわも いつしよに      おとこも おんなも いつしょに
  さんびのうたを うたおう。        さんびのうたを うたおう。

2 もりも はやしも いつしよに    4  さあみんな いつしょに
  さんびのうたを うたおう。        さんびのうたを うたおう。
  とりも けものも いつしょに       いまでも いつしょに
  さんびのうたを うたおう。        さんびのうたを うたおう。

               詩148 ガラ3:26−28

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system