「讃美歌21」 215番 「心をはずませ」

   バッハの有名な「こころに主イエスを」の原曲。  作詞は17世紀ドイツの宗教詩人ヨハン・リスト。  作曲は、ヨハン・ショップでヴァイオリンの名手であり作曲家でもありました。 バッハの「マタイ受難曲」の後半、ペトロの裏切りの直後にこのコラールが歌われます。主の光の中で、心をはずませて生きる信仰を軽やかに歌いましょう。

  讃美歌歌詞

1 心をはずませ み前に進もう。         3 この夜も静かな 憩いの中で
  豊かな恵みを たたえて歌おう。          悪をしりぞけて 平和を祈る、
  今日一日の 重荷のすべて            身も魂も  宝も友も
  わが主にゆだねて 感謝をささげよう。     わたしのすべてを 主の手にゆだねて。

2 この日も暮れゆき 夜が訪れる。       4 父よ、この祈り 心に留め、
  燃える太陽が 西に傾く。             主イェスよ、われらを守り導き、
  み光の主よ、わたしのそばで           聖なる霊よ、なぐさめぬしよ、
  取り囲む闇を 照らしでください。          切なる求めに おこたえください。

                           詩4:7−9 マタ11:28 ヨハ8:12,20:19


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system