「讃美歌21」 219番 
「夕日落ちて」


讃美歌歌詞

1 夕日落ちて 空暗く、
  鳥も巣へと 帰るころ、
  星はさめて 花ねむり、
  今日は去りて 夜は来ぬ。

2 イェスよ、こよい 夜もすがら
  みふところに やすませて、
  かがやかしき み姿を
  見させたまえ、夢路にも。

3 波路かよう 舟人も、
  行き悩める 旅人も、
  目ざすかたへ ともないて
  着かせたまえ、やすらかに。

4 暗き夜は み使いの
  つばさをもて おおいつつ、
  みむねにそう ものとして
  さましたまえ、わが神よ。

 箴3:24 ヨブ11:18−19 
 詩23:2−3,3:6  ヨハ6:20−21




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system