「讃美歌21」 220番 
「日かげしずかに」


讃美歌歌詞

1 日かげしずかに うすれゆくとき、
  重荷をおろし みまえに憩わん。

2 主のまなざしは すべてを見抜く。
  わがあやまちや かくれし罪も。

3 やがてわが身の 消えゆくときは、
  主よ、主のもとに 住まわせたまえ。

4 罪なきイェスよ、人の弱さを
  み心にとめ あわれみたまえ。

 詩4:9,141:1−2 黙4:8,11




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system