「讃美歌21」 226番 「輝く日を仰ぐとき」


輝く日を仰ぐとき


1 輝く日を仰ぐとき、         3 み神は世びとをあいし、 
  月星ながむるとき、          ひとりのみ子をくだし、
  雷鳴りわたるとき、          世びとの救いのために、
  まことのみ神思う。、         十字架にかけたまえり。

 (くりかえし)
  たたえよ、わがこころよ、    4 天地つくりし神は、
  聖なるみ神を。            ひとをもつくりかえて、
  たたえよ、わがこころよ、      ただしくきよきたましい、
  聖なるみ神を。            持つ身とならしめたもう。

2 森にて鳥の音を聞き、      5 まもなく主イェスはきたり、 
  そびゆる山にのぼり、        われらをむかえたまわん。
  谷間のきよき流れに、        いかなるよろこびの日ぞ、
  まことのみ神おもう。         いかなるさかえの日ぞ。

     詩95 ヨハ3:16 黙22:20 


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system