「讃美歌21」 229番 
「いま来たりませ」

 歌詞はアンブロシウス(340〜397年、アウグスチヌスを回心に導いた人で有名)のラテン語讃美をマルチン・ルターがドイツ語で作ったもので、プロテスタント最古の讃美歌のひとつと言える。ルターの構想にはニケア信条(讃美歌93-4-2)のキリストの項目があり、聖書の基本をおさえた歌詞となっている。

讃美歌歌詞

1 いま来たりませ、救いの主イェス、      4 この世に生まれ、陰府にもくだり、
  この世の罪を あがなうために。         御父にいたる 道を拓く主。

2 きよき御国を 離れて降り、          5 まぶねまばゆく 照り輝きて、
  人の姿で 御子は現われん。           暗きこの世に 光あふれぬ。

3 みむねによりて おとめにやどり、      6 御父と御子と 聖霊の主に、
  神の独り子 人となりたもう。           み栄え 今も とこしえまでも。

     Tヨハ4:14 イザ8:23〜9:1 フィリ2:6〜8 




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system