「讃美歌21」 232番 
「神のみ子は世にこられた」


讃美歌歌詞

1 神のみ子は 世に来られた。
  われらのため 貧しくなり
  罪のくさり 断ち切られた。

2 今もみ子は 教えられる、
  「罪をはなれ、悔い改め、
  まことの道 進みゆけ」と。

3 おそれず、主のおしえを聞き、
  信仰もって 歩むものに
  罪のゆるし 与えられる。

4 われらが主を味わうため、
  パンとぶどう酒 備えられた。
  これこそ主の 愛のしるし。

5 立てよ堅く 主のみむねに、
  つねに生きよ 主のみわざに。
  主に召される その時まで。

6 まもなく来る 終わりのとき、
  われらも主に 解きはなされ
  天使の歌 共に歌う。

   Uコリ8:9 ヨハ14:6 
   Iコリ11:23−26 詩34:8




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system