「讃美歌21」 237番 
「聞け、荒れ野から」


讃美歌歌詞

1 聞け、荒れ野からとどく声を。
  「道を備えよ、主が来られる。
  谷間は高く、丘は低く、
  でこぽこの道は 平らになれ」。

2 見よ、草花は 枯れてしぼむ。
  人はみな草、野に咲く花。
  この世の栄え 夢と消える。
  み神の言葉は とこしえまで。

3 良いおとずれを 伝える者、
  山々を行き、声をあげよ。
  「よろこび歌え、シオンの民、
  王なるみ神が いま来られる」。

4 主は国々の 間に立ち、
  悪を正して 治められる。
  羊飼いなる 主はわれらを
  平和の牧場に 伴われる。

 イザ40:3−11,52:7−1O 
 マコ1:2−8 ヨハ1:19−28,3:30
 Uテモ2:9 エゼ34:11−16




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system