「讃美歌21」 248番 「エッサイの根より」

  詩も曲もドイツ、ライン地方のキャロルがもとになっている。  元来は、23節もあるマリア賛歌であった。 「エッサイの根」とはイザヤ書11:1からとられている。「エッサイ」とはダビデの父の名であり、意味は「羊を飼う者」で、どちらかというと侮蔑的な呼び名であった。しかし、ダビデが理想の王となることで尊敬の思いを表す言葉に逆転した。「エッサイの根」一度切られ、終わったと思えるダビデ王朝から、再びその根から新しい芽が出て、今度はまことの救い主が現れるとの預言を示す言葉。

讃美歌歌詞


1.エッサイの根より 生いいでたる、
  預言によりて 伝えられし
  ばらは咲きぬ。
  静かに寒き 冬の夜に。

2.イザヤの告げし 小さなばら、
  きよきマリアは、母となりぬ。
  主の誓いの。
  み子は生まれぬ、 救いのため。

3.香りはたかし 小さなばら、
  きよきひかりは 闇を追いぬ。
  まことの神の、
  まことの人よ、救い主よ。

 イザ11:1 エレ23:5 黙22:16


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system