「讃美歌21」 254番 「小鳥も飛び去る冬のさなか」

小鳥も飛び去る冬のさなか

1 小鳥も飛び去る 冬のさなか、        3 幼子に満ちる 栄光こそ、 
  星よりまばゆい み使いらの           冴えわたる月の 影をしのぐ。
  喜びの声が 響くよ、森の中。            森の狩人よ、み前にひざまずけ。
(くりかえし)
  「この日イェスは生まれた。           4 森の民、自由の子どもらへ、 
  イン エクセルシス グロリア」。          平和と喜びのプレゼント。
                                   王なるみ子イェス 生まれた聖いよる。

2 北風吹き込む 小屋の中の、     
  つぎはぎだらけの うさぎ皮に    
  くるまれた御子を 急いで捜し出せ。


     ルカ2:8〜20 イザ9:5

 ※  「イン エクセルシス グロリア」 は「いと高きところには栄光」の意味。


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system