「讃美歌21」 258番 「まきびとひつじを」

 軽快でなでらかな旋律で親しまれている。イギリスのクリスマス・キャロル。「ノエル」は、ラテン語のNotolis(誕生)に由来する言葉で救い主の誕生の喜びを表す叫び歌。曲名は「最初のクリスマスに天使がつげたこと」で救い主の誕生を知らせている。
    讃美歌歌詞


1 まきびとひつじを 見守るその夜、
  はじめて天使は ノエルを伝えた

  (くりかえ)
  ノエル、ノエル、ノエル、ノエル、
  主イエスは生まれた。

2  神の子主イエスは まずしい姿で
   この世に来られて まぶねに生まれた

3  博士は輝くその星たよりに
   はるばるまぶねの 主イエスを訪ねた。

4  喜びあふれて 東の博士は
   主イエスを拝んで 宝をささげた。

5  われらもこよいは 歌声合わせて
   平和をもたらす 主イエスをたたえよう。


      ルカ2:8-16 マタ2:11−11 

 ※「ノエル」は「クリスマスの歌・しらせ」の意味。



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system