「讃美歌21」 290番 「おどり出る姿で」

  世界の教会は礼拝の中で「新しい礼拝のことば」として「踊り」をリタージカル・ダンスとして取り入れるところが増えています。初期シェーカー教徒(18世紀半ばにイギリスに生まれたクエーカー派の一派)にとってダンスは「神への自然な応答」として盛んに用いられました。 作詞のシドニー・カーターがシェーカーの旋律をアレンジして曲にしました。アメリカでは広く親しまれている旋律で、アトランタ・オリンピックの開会式で使われた曲でもある。
讃美歌歌詞

1 おどり出る姿で 主イェスは、   3   きよい安息日に 主イェスは、
  神がすべて 造られた日も、       歩けない人 立ち上がらせ、
  かいばおけに生まれた夜も、      律法やぶると責められても、
  よろこびを告げた。             みこころに生きた。
 ( くりかえし )
  おどれ輪になって、         4    暗い雲が光をとざし、
  リードする主とともに            神のみ子が釘づけられて
   福音の喜びへと               悪がちからをふるうなかも
 招かれた者はみな。              みわざはすすんだ。

2 網をつくろう ペトロたちは、    5    重い墓石をもけやぶり
  すべて捨てて イェスに従い、       朝のひかり照りかがやいて、
  ねたむ学者の目をしりぞけ、       おどりの主イェスはよみがえり
  主の弟子になった。             初穂となられた。

          コロ2:15〜16 ルカ2:7,5:1〜11 マタ11:17
            詩150:4 イザ35:6 ハバ3:18


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system