「讃美歌21」 299番
 「うつりゆく世にも」

  297番と同様、ガラテヤ6:14をモチーフに作詞されています。作詞のジョン・バウリング(1792〜1872)はイギリスの外交官で外国語習得に天才的能力を示し、16歳ですでに5ヶ国語、90年の生涯で200以上の言語を習得した人でもありました。作曲者はイサマー・コンキー(1815〜1867、アメリカ)でオルガニスト兼聖歌隊長兼バス歌手として、こちらは音楽で秀れた才能を発揮しました。旧讃美歌でも親しまれ受け継がれたこの曲は、二人の希な賜物によって産まれたものでした。
 讃美歌歌詞

1 うつりゆく世にも かわることない
  主イェスの十字架は われらのほこり。

2 おそれとなやみの せまるときにも、
  十字架は平和と よろこび満ちる。

3 十宇架の上より 光はさして、
  ゆくべき旅路を 照らしみちびく。

4 喜ぶときにも 悲しむ日にも、
  主イェスの十字架は 平和与える。

  ガラ6:14 Uコリ10:17 コロ1:20−22



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system