「讃美歌21」 302番 
「 暗いゲッセマネ」

 

讃美歌歌詞

1 暗いゲッセマネ、主は苦しみを
  避けずに担い、救いの道を
  切り拓くため 祈られました。

2 十字架を背負い 主は歩み行き
  恥も痛みも 避けずに受けて
  その生きざまを 示されました。

3 主はゴルゴタで 十字架にかかり
  われらのために いのちを捨てて
  救いのわざを 終えられました。

4 夜明けに弟子は み墓へ急ぎ
  天使の知らせ、喜びました。
  「神の子イェスは よみがえられた」。

  マコ14:32−42,15:21−22,16:6



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system