「讃美歌21」 328番 「ハレルヤ ハレルヤ」

  作詞者不明のラテン語讃美歌で、12世紀頃のもののようですが、文献として17世紀末が最初です。ハレルヤはヘブル語で「ヤハ(ヤハウエ)をほめたたえよ」の意味。詩篇で祈りや讃美のはじめと終わりによく用いられました。最後の晩餐の席でイエスと弟子たちが歌った讃美(マタイ26:30、マルコ14:26)もハレルヤではじまる詩篇の一節と推定されます。

            讃美歌歌詞

    (はじめに)
    ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ!

1 たたかいは終わり 主は死に勝たれた。  3  永遠のいのち われらにくださる
  主をほめたたえよ、ハレルヤ!          主を宣べ伝えよ、ハレルヤ!

2 主は敵を破り 死は今、滅びた。        4  すべての栄えは よみがえりの主に。
  高らかに歌え、ハレルヤ!              よろこびたたえよ、ハレルヤ!
        
    (おわりに)
    ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ!

             Tコリ15:20 詩16:10〜11 黙1:18

 

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system