「讃美歌21」 
336番 「主の昇天こそ」


   讃美歌歌詞

1 主の昇天こそ わが身の望み。
  主こそわがかしら われら主の肢体。
  おののきさまよう われもいつの日か
  み国に昇らん。

2 いずこにわれらの 憩いあるべき.
  わが主のまします み国を慕う。
  わが心はただ 主イェスにあこがれ、
  ひたすらもとむ。

3 ああ、主よ、まことの信仰に立ちて
  み国を望みて、みあとをたどらん。
  喜びいだきて この世を去りゆく
  恵みをたまえ。

  ルカ24:50-51 使1:6-9 ヘプ1:13-14

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system