「讃美歌21」 347番
 「たたえよ、聖霊を」

  使徒言行録2章のペンテコステのイメージと創世記1章のイメージが重なった独特の表現がユニークな点です。
 歌詞はマイケル・E・ヒューレット(1916〜)。イギリス聖公会の牧師。
 作曲のディヴィット・ハード(1950〜)は多くの大学から名誉博士号を受けている教授であり有名なオルガニストでもある。

     讃美歌歌詞

1 たたえよ、聖霊を、神のいぶきを。    4 たたえよ、聖霊を、吹きおろす風。
   水面を動かす 力の霊を。            天にあげられた 主の約束は。
  すべてにいのちを 与える霊を。       み民を強めて 世界を変えた。

2 たたえよ、聖霊を、共なる霊を。      5 たたえよ、聖霊を、われらは祈る。
   神秘のみわざを われらに示し        炎で 心を燃やしてください。
  静かにささやく み声で語る。         光をかかげて 世を照らすまで。

3 たたえよ、聖霊を、かくれた真理。    6 たたえよ、み神よ、基なる父、
   主イエスが現す 力と愛は          真理の言の み子なる主イエス、
  まだ見ぬわれらに み神を示す。       われらを導く 霊なる神を。


     創1:2,2:7 ヨハ3:8  使2:2-3  エゼ11:19  Tコリ12:3

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system