「讃美歌21」 374番 
「 おやすみよ」

 

讃美歌歌詞

1 (母) おやすみよ。父さんはすぐに帰るよ。
    光るのは 稲光よ。
    響くのは ただの嵐。
    おやすみ。

2 (祈り) 祈ります。この夜も恐れにふるえ、
    絶望にさいなまれる人々を守りたまえ。
    ああ、主よ。

3 (母) 静けさが戻ったよ、父さんのいる山あいに。
    知らせが来る、父さんは
    冷たくなって 帰ると。

4 (祈り) 祈ります。目にいっぱいあふれる涙
    乾く日を備えたまえ。
    なぐさめを与えたまえ。
    ああ、主よ。

5 (母) おやすみよ。母さんは父さんのそば ハエを追う。
    開いた目はまなざしをうつろにして
    光るよ。

   黙2I:3-4 イザ42:3 申24:17-22





讃美歌のページへ

inserted by FC2 system