「讃美歌21」 379番 
「この世にあかし立てて」

 

讃美歌歌詞

1 この世にあかし立てて 聖徒らは憩いにつく。
  王のみ名をほめたたえん。ハレルヤ、ハレルヤ。

2 主は盾、わがかくれが。戦いをみちびきたもう
  闇夜の光なれば、ハレルヤ、ハレルヤ。

3 聖徒のあとにつづき 勇ましくたたかいぬけ。
  冠をかちとるまで、ハレルヤ、ハレルヤ。

4 われらは弱くあれど 教会は聖徒の群れ、
  主によりひとつとなる。ハレルヤ、ハレルヤ。

5 たたかい激しくとも かちうたは響きわたり、
  力はまた湧き出ず。ハレルヤ、ハレルヤ。

6 夕日のかげるときに、つわものは戦いやめ、
  永遠の平和を得る。ハレルヤ、ハレルヤ。

7 されども栄えの日は 聖徒らのうえに昇る。
  かちうた高く歌え。ハレルヤ、ハレルヤ。

8 世界のすみずみより 聖徒らは声をあげる。
  「父・子・聖霊の主に、ハレルヤ、ハレルヤ」。


 黙19:5-9 Iテモ6:11-12 ヘブ12:1





讃美歌のページへ

inserted by FC2 system