「讃美歌21」 388番 
「主の恵み ゆたかなり」

 

讃美歌歌詞

1 主の恵み ゆたかなり。
 冬の雪、春の風、夏の雨 めぐる間に
 実りゆく 秋の幸。

2 涙もて 蒔く人の
 苦しみを 主は祝し、
 喜びの歌をもて
 刈り入れのときは来ぬ。

3 大いなり、主の恵み。
 この土に いま立ちて、
 米粒に宿る 愛手に受けて、主をたたえん。


 申11:13-14 詩126:5-6



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system