「讃美歌21」 390番 
「主は教会の基となり」

 

讃美歌歌詞

1 主は教会の 基となり、
 みことばをもて これをきよめ、
 われらを死より ときはなちて、
 仕うる民と なしたまえり。

2 世界の民は 集められて、
 ひとつのからだ、ひとつの糧、
 ひとつの望み、共にわかち、
 ひとりの神の み民となる。

3 憎みあらそい われらを裂き、
 人はあざけり ののしるとも、
 神はわれらの 叫びをきき、
 なみだにかえて 歌をたまわん。

4 世にある民も 去りし民も
 共にまじわり、神をあおぎ、
 永遠の勝利を 待ちのぞみて、
 イェスの来ますを せつに祈る。


 Iコリ3:11 ヨシュ24:24 詩50:1 マタ16:16-18
 エフェ1:22-23,2:19-22,4:1-16,5:29 黙7:9-17




讃美歌のページへ

inserted by FC2 system