「讃美歌21」 400番 
「たとえ塔は崩れ」

 

讃美歌歌詞

1 たとえ塔は崩れ 瓦礫となるとも、
 主の教会から 鐘はなお響く。
 憩いを求めて 悩む者すべて
 ここへ招かれる。

2 人の手が造る 建物に住まず、
 全能の神は 天におられても、
 われらを愛して 聖霊をおくり、
 共に住まわれる。

3 神の家のため われらも選ばれ、
 生きた石として 主に用いられる。
 二人、三人が 共に集うとき、
 主イェスもおられる。

4 鐘の音と共に この場に集まり、
 みことばを受けて 造りかえられる。
 神の民はみな キリストにおいて
 一つとなる、アーメン。


 マタ16:18-20 エフェ2:11-22 Iペト2:4-9
 Uコリ5:1 Iコリ3:16-17 王上8:27-28



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system