「讃美歌21」 409番
 「すくいの道を」


 
讃美歌歌詞

1.すくいの道を 開いたイェスを
  いしずえとして はじめられ、
  すくいのわざを 受けついできた
  主の教会は ただひとつ。

2.時代はうつり 風士はかわり、
  主にある民は 分かれても、
  みことばをのべ ともにパンをさく
  主の教会は ただひとつ。

3.おわりのときが せまるにつれて、
  世のなみかぜは さわいでも、
  み国をもとめ 主を待ちのぞむ
  主の教会は ただひとつ。



ヨハ10:14〜16,17:11 使2:44〜47
 ロマ12:5 エフェ4:1〜6

           讃美歌のページへ                    

inserted by FC2 system