「讃美歌21」 432番 「重荷を負う者」

 各節ともイエスの語りかけと私たちの応答という構成。作詞のオーレシャス・ボナーはスコットランドの牧師。多数の著書・讃美歌があり、イギリスの5大讃美歌作者の一人に数えられる。主の招きに応えて決意をもって力強く歌いたい。

   讃美歌歌詞


1 「重荷を負う者、迷う者よ、
  誰でも来なさい、ためらわずに」。
  招きに従い 私は行く。
  慰めと平和 受けるために。

2 「渇いている者、疲れた者よ、
  誰でも来なさい、ためらわずに」。
  いのちの主イエスに 私は行く。
  受けたその水 飲みほすため。

3 「この世の務めに、悩む者よ、
  誰でも来なさい、ためらわずに」。
  光の主イエスに 私は行く。
  終わりまで共に 歩むために。


   マタ11:28 イザ49:10、, 55:1 詩55:2-3
   ヨハ7:37−38 4:10 8:12 黙21:6 Uペト1:19 

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system