「讃美歌21」 439番
 「暗い夜

 
 讃美歌歌詞

1 暗い夜 子を産んで
  苦しみに 耐えた女。
  地に平和 もたらす子、
  光の主を 守りなさい。

2 群衆に 紛れこみ
  主の服に 触れる女。
  探すなら 見いだせる。
  ためらわずに 求めなさい。


3 井戸端で み言葉を
  メシアから 聞いた女。
  渇かない 生きた水
  悩む人に 伝えなさい。

4 晩餐で 泣きながら
  イェスの足 ぬぐう女。
  義と愛の 主はゆるす。
  安心して 過ごしなさい。

5 従順を 強いられて   
  ただ家を守る女。    
  耐え忍ぶ 場をはなれ、
  聴き、考え、語りなさい。

6 癒されて 宣敦の
  道を行く 女たち。
  行いと 言葉とで
  その救いを示しなさい。

7 丘に立つ女たち。
  弟子たちは 離れても、
  望みの灯 消されても、
  救いの主を愛しなさい。

8 明け方に 香料を
  携えた 女たち。
  誰よりも 早く着き、
  復活の主を歌いなさい。

9 女たち、男たち、
  子どもたち、みな共に、
  解放の主を歌おう、
  わたしたちを生かす主を。

 ルカ2:6−7 ルカ8:1−3 マコ5:24−34 ヨハ47−30 
 ルカ7:36−50 ヨハ19:25 ルカ23:55−24:10      

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system