「讃美歌21」 442番
 「はかりも知れない」

 作詞者はチャールズ・ウェスレー。
 兄ジョンを助けてメソジスト運動に生涯をささげた彼は、6,500あまりの讃美歌をつくりました。 
 特にこの詞には「罪に逆戻りしたあとに」と題して収録されています。
 曲はアメリカのルイス・ゴットシャルク(1829〜1869)でショパンも彼のピアノ演奏の才能を高く評価しました。ピアノ曲の作曲でも高名。

   讃美歌歌詞

1 はかりも知れない 神の恵みよ、
  私の罪も ゆるされるのか。

2 今日まで長く 招きを拒み、
  み顔を避けて 歩み続けた。

3 十字架の上で 敵をゆるした
  主イェスのみ名を 汚しつづけた。

4 手の傷しめし み腕をひろげ、
  迷う私に 主は呼びかける。

5 深い恵みに こころも溶けて、
  悔いて涙し み腕にすがる。

ロマ11:33 エフェ2:45,3:18−19
エゼ18:30−32 詩130:3−4
ルカ5:32 使15:11


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system