「讃美歌21」 448番
 「お招きに応えました」

  20世紀後半の英語讃美歌量産期(ヒム・エクスプロージョン)の中心的の作家、フレーッド・P・グリーン(1903〜 )。1節1節の詩が新鮮な内容をもち、全体として救いの確信に導いてくれる。
 曲は202番と同じで「 O QUANTA QUALIA」の曲として親しまれている。
 讃美歌歌詞

1 お招きに応えました、
  友と呼んでくださる主よ。
  あなたこそ 力の神
  ささげます、わがすべてを。

2 主を囲むこの交わり。
  新しい誓いをたて
  たかぶりの心を捨て
  仕えます、喜びもって。



3 主のもとに集うたびに
  「イェスを主」と告白する
  その意味をさらに深く
  学ばせてください、主よ。

4 世に生きる その現場で
  右左 決める時に
  みこころにかなう道を
  選ばせてください、主よ。

  ルカ19:1−10 マタ9:10−13

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system