「讃美歌21」 453番 「何ひとつ持たないで」

  作詞のヒュッブ・オースターハウスはオランダのカトリックの司祭でしたが、学生のための教会を設立しカトリック教会離脱し、新しい感覚で伝道を実践しています。そのスピリットが歌詞にもでています。作曲のハウベルスは、この難しい言葉にオランダ民謡風のやさしい旋律をつけています。この歌は今野牧師のテーマソングでもあります。

讃美歌歌詞

1 何ひとつ持たないで 私は主の前に立つ。
  主の恵みがなければ ただ死ぬ他ない命。
  あなたが約束する 未来 待ち望む私。

2 たとえ疑い迷い、無気カになる時にも、
  あなたの愛の御手が 私をとらえ続ける。
  よろこびのみ国へと 導かれる日はいつか?

3 慰めの御言葉と 日ごとのパンを備えて、
  私を主はかえりみ、平和の道を歩ませる。
  祈りを聞かれる主よ、あなたは私の命。


  創32:27 へプ11:1、39−40 ヨハ6:35,11:25

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system