「讃美歌21」 466番
 「山路こえて」

 
讃美歌歌詞

1 山路こえて ひとりゆけど、
  主の手にすがれる 身はやすけし。

2 松のあらし、谷のながれ、
  みつかいの歌もかくやありなん。

3 峯の雪と こころきよく、
  雲なきみ空と むねは澄みぬ。

4 みちけわしく ゆくてとおし、
  こころざすかたに いつか着くらん。

5 されども主よ、われいのらじ、
  旅路のおわりの ちかかれとは。

6 日もくれなば、石のまくら
  かりねの夢にも み国しのばん。


 詩91:11 創28:10−12 ヨハ14:1−3
 ヘブ11:13 マタ8:20

讃美歌のページへ

inserted by FC2 system