「讃美歌21」 478番 「どんなものでも」


どんなものでも

1 どんなものでも この私を
  神より離すことはできない。
  朝に夕に み手を伸ばして
  私を守る 神の恵み。

2 たとえこの世の 人の愛が
  私を見捨て 裏切るとも、
  罪と死との 鎖をほどき
  救うみ神の 恵みがある。

3 たとえ悩みに 沈むときも
  み神の愛に より頼もう。
  私の身も 魂もみな
  み神のもとに あるのだから。

4 痛み苦しみ 世に満ちても、
  やがてこの世は 過ぎ去りゆく。
  主キリストに 私が出会う
  その喜びは 永遠につづく。

5 世界と人の 造りぬしに
  恵みにみちた 神のみ子に
  私たちを みちびく霊に
  永遠にかわらず 栄光あれ。

ロマ8:31−39 ルカ10:27 33−37



讃美歌のページへ

inserted by FC2 system