「讃美歌21」 494番 「ガリラヤの風」


 
ガリラヤの風

1 ガリラヤの風 かおるあたり、  
  「神の国は 近づけり」と、
   告げられしより 既に久し。
  「来たらせたまえ、主よ、み国を」。

2 たたかいの日に 憩いの夜に  
  み国をしたう あつき祈り、
   絶ゆることなく 捧げられぬ。
  「来たらせたまえ、主よ、み国を」。

3 憎み、あらそい 後を絶ちて、  
  平和と愛は 世界に満ち、
   み旨の成るは いずれの日か。
  「来たらせたまえ、主よ、み国を」。


  マコ1:15 詩67:4〜6 マタ6:10 Uペト3:8〜13 


讃美歌のページへ

inserted by FC2 system